弁護士に依頼できる

過払い金請求は、実質的に『個人』が行うことができます。ただし、その際は手続きにとても苦労します。ですから、弁護士に過払い金の請求依頼をして対応してもらうのが妥当と言えます。もちろんその分料金は発生しますが、それでも確実に過払い金を請求して受け取るためには、そちらの方が良いと言えるでしょう。ただし、注意点として、まず『過払い金請求を行った業者には、今後借入することはほぼ不可能』ということです。

もちろん、それを行った記録が残されますから、業者の方でいわゆる『ブラックリスト』として扱われても致し方ありません。また、『過払い金請求が失敗する』こともある、ということです。これも100%ではありませんので、取り返せるかどうかは弁護士とよく話し合うことが大切です。もちろん、「過払い金」にあたらない分は不法に請求できません。

このように、お金の問題、其れも借金問題から発展することというのは一筋縄ではいきません。私達はこのような問題をできるだけ回避できるよう、『生活に計画性を持つ』こと、そしてそのような問題が発生してしまったとしても、『迅速に解決できるよう試みること』が大切となります。時間が掛かれば掛かるほどややこしくなるからです。