弁護士に依頼できる

過払い金請求は、実質的に『個人』が行うことができます。ただし、その際は手続きにとても苦労します。ですから、弁護士に過払い金の請求依頼をして対応してもらうのが妥当と言えます。もちろんその分料金は発生しますが、それでも確実に過払い金を請求して受け取るためには、そちらの方が良いと言えるでしょう。ただし、注意点として、まず『過払い金請求を行った業者には、今後借入することはほぼ不可能』ということです。

もちろん、それを行った記録が残されますから、業者の方でいわゆる『ブラックリスト』として扱われても致し方ありません。また、『過払い金請求が失敗する』こともある、ということです。これも100%ではありませんので、取り返せるかどうかは弁護士とよく話し合うことが大切です。もちろん、「過払い金」にあたらない分は不法に請求できません。

このように、お金の問題、其れも借金問題から発展することというのは一筋縄ではいきません。私達はこのような問題をできるだけ回避できるよう、『生活に計画性を持つ』こと、そしてそのような問題が発生してしまったとしても、『迅速に解決できるよう試みること』が大切となります。時間が掛かれば掛かるほどややこしくなるからです。

過払い金を請求する

さて、ここからは過払い金に関する話をしましょう。『過払い』という言葉通り、それは『支払いすぎたお金』のことです。先ほどのページでも取り上げたように、借金をしたならばそれは遅かれ早かれ返済しなければなりません。

一括返済で返済するよりも、分割で返済した方が、利子が付きますので総体的な支払金額は多くなります。ただし、その「利子」というのも上限が決まっており、現在は『18%』以上の利子を付けることは認められていません。というのも、過去はこれ以上の利子が付与される事態が、いわゆる『グレーゾーン』として行われていました。実際にその利子で貸金を行う業者もいましたので、もちろん債務者はそれに合わせて返済しなければなりませんでした。

しかし、それが完全に違法となってから、過去に支払っていた『グレーゾーン』の部分、いわゆる18~25%の利子が付与されていた分の返済に関して、あとからそれを『過払い金』…いわゆる『返済しすぎていたお金』として、業者に請求することができるようになったのです。
これによるメリットは、例えば債務整理と同時に行った場合、過払い金があればその分返済金額が少なくなる、ということなどが挙げられます。

家計の不安と借金

私達が家計を管理するとき、例えば『どのくらい収入があるか』、という点と、『どのくらいの支出が可能か』という点を並行して考えます。どちらか一方を無視してしまえば、生活は苦しいものになってしまいます。少ない収入の中で、どのくらいの分を生活費として充てられるか、またはその他の費用を取り分けておけるか、という点も考えなければなりません。

だからこそ私達は、自分の生活に関してよく『計画性』を持っているべきなのです。その計画性は少なからずちょっとしたことで失われてしまう可能性が高いので、それを継続して行う、努力というのも大切になってきます。借金を行う、または行わなければならなくなる状況というのはいくつも考えられます。しかし、その中で一番あとあと困ってくる状況というのが、『生活に困っている』から借金を行うということです。

生活に困っている状況で借金を行うということは、いわゆる生活費そのものが不足しているわけですから、たとえ一時期生活が楽になったとしても、いつかはその分を返済していかなければなりませんので、その返済に追われて生活がより苦しくなる、ということも考えられます。だからこそ、生活には「計画性」が重要なのです。

過払い金とは?

お金に関する問題を抱えている人は少なくありません。『お金』の問題と言ってもそれは一つだけではなく、いろいろな問題が考えられます。私たち一人一人の生活は、それぞれ異なっています。生活の質も異なっていますし、どのくらいの収入を得ているか、という点も異なっています。というよりも、やはりその『収入』という部分が一番、直接的に生活に影響する点、とも言えます。

誰もがそういった状況の中でやりくりしていますので、生活そのものが苦しい、と感じておられる方も少なくないでしょう。そうなってくると、やはりお金に関する問題も様々な問題が発生してきます。そういった問題に対処するのも一苦労ですし、どう対処すれば良い解決ができるのか、という点も考えなければなりません。そういった中で生じてくる問題の一つといえば、『借金』の問題です。

単に親や友人にお金を借りる、ということではなく、消費者金融などからお金を借りたのは良いものの、返済に困る、ということも生じ得ます。私達は誰もが融資という事柄に関して計画的にそれを行わなければ、自分で自分の首を絞めてしまうことも珍しくないからです。
借金返済に困ったとき、いわゆる『債務整理』という手段を取ることがありますが、その債務整理の中で行えるのが、今回のテーマとなっている『過払い金請求』です。CMなどでは良く扱われるものの、一体どういう制度なのか、分かっていない方も多いと思いますので、ご覧ください。